大和自動車(本体)に就職するなら今がチャンスな理由

予約・配車

タクシーのキャンセル増加でキャンセル料がお客様負担になる可能性があります。

今回は電話での配車キャンセルの話ではなく

スマートフォンでの配車アプリのキャンセル料についての記事です。

それでは見ていきましょう。

まず、タクシーの配車アプリで有名なとこだと

・ジャパンタクシー

・S.RIDE(エスライド)

・Uber(ウーバー)

などなど。

様々なアプリがありますよね。

オススメのアプリなどはこちらをご覧ください。

そして、配車アプリに共通して言える大きな問題が

タクシーのキャンセルについて。

どこのタクシー会社もこのキャンセルに悩まされています。

そこで、今回はキャンセルの何がいけないのか?

キャンセルばかりするお客さんが今後どうなるのか?

について見ていきます。

タクシーがキャンセルされると運転手に迷惑がかかる

タクシー運転手は法律で1日に営業できる時間が20時間までと決められています。

また、ほとんどのタクシー会社が歩合給を取り入れていて

お客様からの運賃の60%がタクシー運転手の給料に歩合給として加算される仕組みです。

ですので、運転手はたくさんお客さんを乗せて頑張らなくてはいけません。

そして営業中にお客様からアプリで配車のがあれば運転手はスパーサインを

迎車にします。

スーパーサインというのはこれ

これを迎車にしてお客様のところへお迎えにいきます。

つまり、迎車にしている間はもし路上にお客様がいても拾うことができないのです。

それなのに迎車地付近になってキャンセルになると運転手は相当ガッカリします。

なぜなら

「路上にお客さん立ってたのに.....」

「迎車地まで渋滞で20分もかかったのに」

などなど。

先ほども言った通り運転手は限られた制限時間の中でいかに効率よく

お客様をお乗せできるかが給料に大きく影響するので

配車をキャンセルされるといことは運転手に取って大きな痛手となります。

運転手の多くが不満を抱えればそのクレーム先は会社に向きます。

タクシーをキャンセルされると会社にも迷惑がかる

タクシーが頻繁にキャンセルされると会社にも多大な迷惑がかかります。

今配車アプリのキャンセル料については各会社でポリシーが違いますが

多くの会社でキャンセル料は会社が負担しています。

迎車ボタンを押すとメーター画面が迎車になり410円の表示に変わります。

なので、その時点で410円はお客様には分からないですが410円の料金が発生しています。

その410円を誰が負担しているのかというとよっぽど酷い会社じゃなければ会社が負担しています。

なので、キャンセルをするとタクシー会社にも迷惑がかかるということにもなります。

他にも途中まで向かっていた燃料代や本来貰えていたメーター料金が回収できない

機会損失などの見えない損失も多くあります。

そのような損失は御構い無しに、こんなお客様が私のタクシーに乗車されました

複数の会社で配車アプリを同時に申し込むのはやめましょう

私が一度お客様から言われた言葉があります。

「お宅のタクシーが一番早かったから乗ったよ」と

私は「他のタクシーも呼んでたのですか?」と聞くと

「アプリ使ってあと2社で配車してたよ」と仰っていました。

お客様としては早く目的地に着きたい!早くタクシーを捕まえたい!

という気持ちは分かりますが、無責任な人だと感じましたね。

複数のタクシーを呼ぶのはこれからはやめたほうがいいでしょう。

その理由は以下↓

キャンセルばかりするお客様は今後アプリを使えなくなるかもしれません

先ほども言ったようにタクシーのキャンセルがタクシー業界全体で問題になっています。

なので、今後はキャンセルの多いお客様はアプリそのもの使用ができなくなる可能性があります。

これはまだ決まった話ではないですが、そのような話が出ていることは事実です。

フリーマーケットのアプリで有名なメルカリがありますよね?

このアプリは「偽物のブランド」や「転売」などメルカリ運営において悪影響を及ぼす人物は

アカウントを剥奪されます。

つまり、何社も配車するようなお客様は会社に対して

悪影響を及ぼすので態度を改めない場合

タクシー配車アプリを利用することができなくなる可能性があることを

覚えておきましょう。

もちろん、1回2回キャンセルしたところで大丈夫だと思いますが

何十回とキャンセルするような悪質な人は何かしらのペナルティがあるでしょう。

お客様が運転手を評価する時代だけど今後は運転手もお客様を評価します

タクシーキャンセルとは内容が少し変わりますが

合わせてご紹介します。

今まではお客様が運転手を一方的に評価している時代でしたが

今後はお客様も運転手もお互いが評価をするような時代になるかもしれません。

ほとんどのお客様はいい人ですが、中には理不尽なクレームを受けることもあります。

そのような場合お客様を運転手が評価して評価が

あまりにも悪い場合はアプリが使えなくなるような

ことになる可能性もあります。

タクシー迎車のキャンセル料をお客様が負担する可能性があります。

今までは迎車料金のキャンセルは会社のポリシーによっても違いますが

多くの場合は会社負担になっています。

でも、今後はお客様が登録してるクレジットカードの情報から

キャンセル料を請求するような形になると思います。

今回はアプリでの配車キャンセルの話ですが

電話からの配車だとキャンセル料はどうするのか?

についてまだまだ課題は残ります。

まとめ

これらは全て可能性での話でしかありませんが

このような議題が出ていることは事実で今後

タクシーアプリのキャンセルについて、大きく変わっていくことは間違いないです。

どのような形になるのかは未知数ですが、アプリでタクシーを呼んでいるのに

キャンセルばかりする無責任な人間は淘汰されていく時代になるでしょう。

なので、アプリで配車をしたのなら空車でタクシーが前を通ったとしても

責任を持って呼んだタクシーに乗るということを心がけて頂きたいです。

タクシーに早く乗りたいからと言って何社もタクシー呼んで競争を楽しむような

行為だけは本当にやめてもらいたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-予約・配車

© 2021 タクシーの専門書